FC2ブログ

学習院大学水泳部競泳部門

forever challenge!!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

努力は裏切らない?

お疲れ様です。
更新が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

ブログのテーマである自分の話について少ししようと思います。
私はずっと転勤族であり、一つの場所に3年以上いたことがありません。そのため、水泳は夏休みに近所のスポーツセンターでやっている5日間くらいの教室に通ったり、近所にできた新しい小さいスポーツクラブのスイミングに行ったりと「真剣に」というよりは「楽しく」やってきました。中学生になって水泳部に所属し、これからもっと頑張るぞと思ったときにまた転校。次の中学には水泳部がなく、次第に水泳から離れていきました。高校ではそもそも学校にプールがなく、ハンドボール部のマネージャーをしていました。そして、大学生になり、次は4年間ずっととどまります。また水泳をはじめようかなと軽い気持ちで食事会に参加し、なぜかいま水泳部にいます。マネージャーではなく、プレイヤーとして。
週に4回練習のある体育会系の運動部に大学生になってまで入ってる理由を中学、高校の友達からよく聞かれます。特に理由はありません。ひとつ言うとしたら、ナニカに挑戦したかったから。最後の学生生活を遊び惚けるのはもったいないし、かといって勉強ばっかりも嫌だ。なら、運動しよう!と思い付きで入りました。文武両道は大変だけど、だからこそ自分がその時できるベストを常に追い求めることができるんだと思います。今のままではまだまだ練習についていくことが精いっぱいで他のことに意識が向かないけれど、この4年間で一番成長できるチャンスがあるのなら、それに向かってただひたすら努力すれば必ずナニカを成し遂げることができる、そう信じて。

最後に、恩師が教えてくれたLeo Burnettの言葉を一句。
"When you reach for the stars you may not quite get one, but you won't come up with a handful of mud either"

この言葉を胸に最後まで走り抜けたいと思います。
1年 藤澤

| 練習日の日記 | 18:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悔いのない4年間を

お疲れ様です!
ブログ書くの大変遅くなってしまい本当に申し訳ございません🙇‍♀️
皆素晴らしいことを書いていて、私はそんなに素敵なことを書く自信はありませんが、今までの水泳のことについて書こうと思います!
⚠️長くなりすぎちゃいました⚠️

競泳を始めたのは中1で、その頃は25mさえもkickを打ち続けることが出来ず、クイックターンの練習や壁を蹴る位置を教えてもらうところから始まりました笑
周りの部員たちは、小さい頃からクラブチームで競泳をやってきた子たちばかりで、1人だけ全然メニューに付いていけず辛かったです。みんなと比べて半分のメニューをひたすら泳ぎ続け、毎日練習ノートを書いて、家に帰ってからはストレッチと体幹を必ずやって少しでもみんなに近づこうと頑張りました。それまでコーチはいなかったのですが、1月にOGであるコーチが来てそこからどんどんタイムが伸びていきました。
そして中2から高3まで毎年メドレーリレーで関東大会に出場することが出来ました。中3の時、短水で全中のタイムを余裕を持って切ることができ、絶対に長水でも切って全中に行こう!と頑張ったのですが切れず、関東大会で全中のタイムを切ってしまうという中学時代はとても悔しい結果に終わりました。(全中に行くには県大会でタイムを切らないといけない...)
なので高校では絶対にインハイに行こうと決意しました。高2の時にインハイのタイムまであと1.7秒という所まで行きました。その年の関東大会は5人で出場していて、1日目の4継で私以外の4人がインハイを決め、皆でインハイに行くには、2日目のメリレで絶対に私もインハイを決めなければならない!という状態になりました。私は前日の夜に「明日切れなかったら自分だけインハイに行けない...」とネガティブな考えから抜け出せず、当日の朝もアップで自分の泳ぎがどうなっているのかもわからない状態、それまで1ヶ月毎日イメージしていたレース展開も頭から抜け、プレッシャーに押しつぶされたまま、それまでで最悪のレースをしてしまいました。インハイも結局切れず、その日のレースは今でもトラウマです。
高3では今までお世話になったコーチに恩返しをしたくて、ラストレースで必ずベストを出す!と決意し、 ベストを出して終われました。
中高共に部長をさせて頂いたり、顧問の先生は元オリンピック選手、コーチはインハイや国体で優勝していたりととても恵まれた環境で6年間を過ごすことが出来ました。
中高6年間で水泳はもう出し切ったと思っていたので、大学ではやるつもりはありませんでした。でも学習院に水泳部があることは少し気になっていて、お誘いが来たので3月の体験会に行ってみたら、雰囲気がとても好きでこの部活に所属したいなと思いました。一瞬マネージャーになるか迷いましたが、目の前で泳いでる人を見てたら泳ぎたくなるだろうなぁと思って、プレイヤーとして入部することを決めました!
水泳の楽しさはずっと目標にしていたタイムをきれたり、前まで回れなかったサークルが回れるようになったり、普段一緒に練習している仲間が目標を達成できたり、など色々なことがあると思います。もちろん泳いでるだけでも楽しいけど、競泳の楽しさを感じるには良いタイムを出すことが不可欠だと私は思います。なので早くタイムを戻して競泳の楽しさをまた感じれるようになりたいです!
この部活は本当に優しくて素敵な方たちばかりで本当に環境に恵まれているなと思います。引退する時にこの部活に入って良かった、競泳を続けて良かったと思って引退できるように、悔いのないように4年間頑張りたいと思います!

バイトもプールなので週7で水着着てます👙
1年 荘司

| 練習日の日記 | 23:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競泳における『たのしさ』とは

今日は100×8 1'20 でFly、Frを交互にやりました。
久しぶりにFlyはキツかったです。
来月200Flyなので慣れておきたいです。

さて、題名にあるように競泳の『たのしさ』ってなんでしょうか。
長くなるので僕のことが嫌い・興味ない方、長文が苦手な方はここでやめとくべきです。今すぐブラウザを閉じましょう。

考えてみると、自分の中の競泳人生においての『たのしさ』とは3つありました。
①結果を追い求め結果を出す
②支えてくれてる人への恩返し
③仲間との喜び・苦しさの共有

自分の水泳人生で最も楽しかったのは高1から大1までのスイミングクラブでの時代です。
では、その頃ではこの3つはどうだったか

①→正直満たしていません。結果を追い求めてはいるがそれに伴う練習を行なっていませんでした。なので結果など全く出ません。
②→こちらも満たしていません。その頃の一番の協力者は母親でした。母親に満足いった報告を出来た事は一度もありませんでした。更にコーチには最後に「大我に水泳の楽しさを教えてあげたかった」とまで言われました。そこまで酷かったようです。

ここまで来て何が楽しいんだ?って思うのが自然ですね。では最後の③についてです。
これは大満足でした。大して練習には行ってないクズだったけど、数少ない練習の中で死ぬほどお互い追い込まれて建前とかが一切排除された素の顔を見せ合えた仲間がいました。そんな奴らとは言葉では言い表せない「絆」のようなものがありました。今はそんな彼らともたまーにしか会えないけれど会うと一緒に練習したのが昨日のことのように話せます。
そんなかけがいのない仲間との時間。これこそがこの時の自分の一番の『たのしさ』でした。

では、現在はどうか
①高校時代と比較すれば練習してるし結果もまだ出てはいる方かな→○
②親、コーチ以上に恩返ししたいと思える相手が出来た→◎
③→△

③に関しては誰も悪くありません。むしろ自分がいけません。そういう仲間を作れなかったのだから。
でも、いないわけではありません。わずかですがいます。そういった貴重な仲間は大切にして、一緒に喜びを共有したり苦しい練習を乗り越えたいです。

個人的な意見として『たのしさ』の中には①〜③があり、それらが全て満たされた時に心から水泳が楽しいと思えると思います。
人それぞれなので皆さんも一度考えてみるといいかもしれませんね。

三年 高岡

| 練習日の日記 | 00:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今の自分がすべきこと

お疲れ様です。
だいぶ前から当てられていたのに遅れて申し訳ありません。

先週の金曜日の大ぷの練習では100×5がありました。大会前で調整に入っている方もいらっしゃいましたが、皆さん全力を出し切れたと思います。そして、今日の女子部の練習はインターバルトレーニングでした。大会翌日ということで見つかった課題に集中して練習できたと思います。お疲れ様でした。

何を書いたらわからないのですが、わたしも少しだけ自分の話をさせてください。

わたしがスイミングスクールに通い始めたのは2歳の時です。そのまま水泳を続けて小学校高学年で選手コースに。中学生になってからは朝練に行ってから学校に行って、帰ってからも練習に行って…。当時は練習が辛くて、本当に行くのが嫌でした。そんな時に腰を痛めて医者の方に「水泳を辞めないと治らないよ」と言われてあっさり辞めてしまいました。大した悩む時間も後悔もなく、あっけなくわたしの水泳人生は終わりました。

一生水泳と関わることはないだろうと思っていました。でも、気づいたら大学で水泳部のマネージャーに。自分でもなぜ水泳に戻ってきたかはわかりませんが理由は単純で、食事会が楽しかったからです。今では水泳部に入ってよかったと思っています。マネージャーという新しい立場に挑戦しながら、前より少しは成長できているのかな、と思いたいです。

わたしが最近考えるのは、「この部活のために何ができるのか」ということです。当たり前ですが、わたしがこうしたら部活が良くなるとか、速くなるとか、そんなことはないじゃないですか。でもマネージャーに入ったからにはやっぱり部活のために動きたいし役に立ちたい。わたしはまだまだ未熟で勉強するべきことがたくさんで、今自分が一番やらなきゃいけないこともはっきりと見えていない状態です。まずは、当たり前にやるべきことを当たり前にやること。初歩的なことですが1番大事だと思います。だから、最初の課題にはまだ答えが出ていません。これから皆さんと頑張っていく中で、答えを見つけていきます。

長々と書いてしまいましたが、これからも一緒に頑張っていきたいという意欲をここで伝えたかったんです。この出会いを大切にしたいです。そして、もっと選手に寄り添ったマネージャーになれるように頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

1年 門脇

| 練習日の日記 | 20:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時の流れは早いもので


お疲れ様です。
今日は女子練でしたが5限があったので、メイン前のドリルとメインしか参加できませんでしたが、今日も選手の皆さんが頑張っているのが伝わってきました。50m×4×4、1'00サークルをハードでだったので、きつかったと思います…お疲れ様でした。

では、最近のブログのテーマ(?)の、自分の話をしていこうと思います。
大事にしてる言葉とか、今まで積み上げてきたものとかは特にないので、おおーってなる話ではないと思いますが、少々お付き合いください。

まずはちょっとだけ私の過去を、、
私は、小学校まではほんとに「私はこれを頑張ってる」といえることは全くなく、習い事もいやになったら大抵やめてました。実はスイミングスクールも通っていましたが、バタフライが泳げずやめました。唯一好きで通っていたのがトランポリンで、前1回転くらいはできるようになりましたが、中学で入った吹奏楽部が忙しくやめました。吹奏楽部は、頑張ったと言ってもいいかもしれません。とても楽しかったです。高校は、ちょっとアコギやりながら、友達とわちゃわちゃして過ごしてました。これもこれで、とても楽しかったです。

…とまぁ、こんな感じで、基本音楽をやってました。
そんな私が、大学に入った時にどのサークル、部活に所属するか、まぁ音楽かなと思ってました。それか、好きだったトランポリンか…。
でも、高校卒業までの間で、やってみたいけどやったことないことがひとつあって。それが運動部のマネージャーでした。
音楽はおばさんになってからでもできるけど、運動部のマネージャーは本当にラストチャンスだと思ったので、マネージャーになることを選択。
私は日焼けが本当に本当に嫌で、やるなら室内の部活だなーと思っていましたが、たまたま予定が空いていてご飯だけ食べようと思っていた競泳部門のお食事会がすごく楽しく。体験行ったりしてるうちに、この部活がいいなって思って、入部しました。

ここまで予想に反した結果になって、今まですごく早くて、今自分が何を吸収できてて、どう成長できたのか、正直わかりません。
とりあえず、大学という新しい環境に身を置き、初めての運動部でマネージャーになり、がむしゃらにきたのだと思います。

でも、もうあと5ヶ月で1年生は終わり。今までの早さを考えると、すぐに新入生が入ってきます。私はこの部活、大変なこともあるけど好きです。だから、今まで水泳に触れてこなかった子にも、ぜひ入ってほしいです。その時に、完全初心者だった私だからこその話を話せるように、そして、1番大事なことですが、もっともっと選手に寄り添ったマネージャーになれるように、毎回の練習を活かしていければいいなと思います。

これからも頑張るので、よろしくお願いいたします。

こんな感じで良かったのかちょっと不安ですが…お付き合いいただきありがとうございました。

1年 石川

| 練習日の日記 | 23:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT