FC2ブログ

学習院大学水泳部競泳部門

forever challenge!!

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おもしろきこともなき世を面白く



お疲れ様です。

何書こうかなーみなさん文才あるなーと思ってたら指名されてから1週間経ってましたごめんなさい。
しかも昨日の夜寝落ちしてしまいました本当ごめんなさい。

先週の火曜は武蔵さんでの練習でした。
メインの前にkickのメニューがありましたが、4年のかんじさんがいらっしゃってくれたこともありドルフィン kickやりました。姿勢などについて丁寧に教えていただきました。わかってはいても姿勢の意識をして泳ぐのが難しそうでした。教えてもらったので、定期的に練習できるといいですね。
明日がラスト武蔵だと思うと少し寂しいです、綺麗なプールをありがとうございました☺️

さて、、🤔

れーなさんが前に提起していた
『人生を生きる上で1番大切にしていることは何か』
このことについて少し話そうかなと思います。

私には1番大切にしている言葉があります。それは、
『おもしろきこともなき世を面白く
(すみなしものは 心なりけり)』

この言葉は高杉晋作が辞世の句として詠みました。正確にいうと()内の下の句は高杉に親しい人が付け加えたそうです。
訳すと

面白くない世の中を面白くするのは心である

意味は
心の持ち方次第で世界は面白くもなるしつまらなくもなる
という意味です。

この言葉を私は
辛いことも悲しいこともある、でもそれを変えるのは自分自身だ
と勝手に捉えてます。

私はこの「面白く」は人それぞれによってちがうと思っています。

この言葉は私の大好きだった恩師から教えてもらった言葉です。

私はこの先生から、

本気でバカになること、
一生懸命はかっこいいこと
全力で遊ぶこと

文面にするとこの人は何を教えたんだ、、とアホっぽく見えますが私にとってはどれも大切なことで、私たちの遊びにも全力で付き合ってくれました。ハメを外しすぎて怒られたこともあります。勉強だけでなくいろいろなことを教えてもらいました。この人なしでは私の青春は語れません。
そして先生から教わった1番最後のことは

当たり前にくると思っている日々は、実は当たり前なんかじゃない、奇跡なんだ、後悔せずに生きろ

ということです。

人生は辛いことも苦しいこともたくさんあると思います。でもどうせ生きるなら少しでも面白い方がよくないですか?後悔は少ない方がよくないですか?

いつ死ぬか分からない、だったら1日1日楽しく生きて幸せに1日を締めくくれる方が絶対いいと思うんです。

かと言って、私は「あぁ幸せだった〜」と言えるように毎日は生きれていません。後悔することはたくさんあります。興味ないことも嫌なことも悩むことも悲しいことも苦しいこともあります。全てが全ていいようにするのは難しいけど、でもこの言葉を胸にすると意外と自分次第でどうにかなるなぁと思うことが結構あります。どうにかならない時はそれはその時考えます。

辛くていやな練習でも、最初からできないと諦めて練習したら絶対に有意義なものにはなりません。
水泳に限らず、負けるだろうと思っている勝負に勝てるはずもありません。
そこでどう考えるのか、どう気持ちを持つか、それが大切になってくるではないでしょうか。
心の持ち方次第で、変えられることはたくさんあると思います。

「人生ってうまくいかないな」「全然イージーモードじゃないな」と感じた時、ぜひこの言葉を思い出して欲しいです。この言葉自体には、いい方向に「面白く」する力はありません。でも「どう考え直したらうまくいくのか?自分にとっての面白い方向に変えていけるのか?」そう思い直すきっかけを持つ言葉だと思います。誰かにとって心に響く言葉だといいなぁ、、。

最後に絶対に心に決めていることがあります。若くして突然命を落とした先生の分まで楽しく日々を過ごすこと、やりたいとおもったことはできるだけ全部実行すること、この2つのことを心に決めています。
これからおそらく長く歩むであろう人生、あの言葉とともに自分なりに「面白く」過ごして行けたらいいなぁって思ってます☺️

長々と書いてしまいました、、。遅くなってすみませんでした。次からはちゃんと書きます。。アーカイブ機能あればいいのになぁ、、、。

2年 浅倉

| 練習日の日記 | 16:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

習慣って難しい

お疲れ様です、初めてブログを次の練習までに書き忘れてしまいました2年の関澤です。



25日の練習のメインは久しぶりの75m hardでした。4本を3セットやりましたが、2セット目のラストで力尽きました…情け無い…
全部ブレでやったのですが序盤に無駄に力んで疲れた感じだったので、力を入れるところは入れる、入れないところは入れないというメリハリのある泳ぎをしていればもうちょっとは耐えれたのかな。今後のブレの課題ですね。



突然ですが、最近物事を習慣づけるのって大変なんだなと実感しています。些細なことですが例えば寝る前にスマホを見るのはやめるとか、ストレッチをする時間を作るとか、そういうことを習慣づけるのって中々難しいですよね。元々ある自分の習慣を変えないといけないので。僕の場合は三日坊主になりがちです。
最初は、自分の頭の中の悪い奴が「めんどくさいからやめようぜ〜」と語りかけてくるのを振り払いながら続けていくといつの間にかそれが習慣付いてる、この耐えながら続けていく忍耐力って結構大事だと思うんですよね。これができる人とできない人では人生に大きな差が出来るんじゃないかなって思います。

全然まとまってないのですが、まあ要するにみんな三日坊主を乗り越えて理想の自分になろう!ということです。(は?)



このごろ語彙力のなさを痛感してる
2年 関澤

| 練習日の日記 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一瞬にかける全力

お疲れ様です。
新しくなって皆いいこと書くなーすげーなー、僕には無理だよー。って思ってる2年の鈴木です。

今日は自分にとってかなりきつめのサークルでの200IMと200Frの練習でした。
去年の同じ頃の200IMのベストタイムを今は練習で出せちゃう様になり成長を勝手に1人で感じてました。小さな成長ですがその積み重ねで来年の夏に結果を残したいと思います。

皆知らないだろうから昔の話をします。
自分は6歳から陸上を初めました、長距離です。親がコーチをしてることもあり地元のクラブに入りました。やっぱり最初はとにかく必死に走るしかなかったです。まだ小さな体で10km以上も走ってばかなんじゃないの?って思われるくらい。でも、その時は年上の中学生の人達について行くのが楽しかったんですよね。そんなこんなで高校までずっと楽しさ、悔しさ、悲しさを味わいながら生きてきました。陸上では悔しさで何回泣いたかわかりません。

そんな中、高校に入り顧問の先生に「競歩やってみね?」と言われ何も知らずに初めました。競歩は他のどの競技よりも努力が目に見えるように出ます。一瞬のフォーム意識、一瞬の頑張り、一瞬の甘え、全てがタイムを10秒も20秒も変えてくる。気温や風とも闘いながら努力を積み重ねました。その結果で東北インターハイという経験したことの無い舞台で最高の経験が出来ました。全国行きたかったなあ、、、
まあ、こんな感じでつらい練習や経験をして、高校で陸上に一区切りつけたかったわけですね。

そこで大学では先輩に水泳部に誘ってもらい入部したわけです。ほんとに優しい先輩しかいなくて泳ぎなど色々な所でお世話になっております。
練習で心が折れる時もあるけど、頑張る時はがんばります。それも今までの経験あってこそですね。水泳をやってきたかどうかは大学では関係なくて、誰でも頑張れば成果は出るし、周りの温かさを感じられる。うちの部活は特に!
だから今度は自分がお返しできたら、後輩に伝えられたらって思います。

やば、どうでもいいことしか話してないかも笑
長くてごめんなさい。
これからはもっとがんばるよ!

もう On your mark とか言わないからね😊

2年 鈴木

| 練習日の日記 | 09:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからに向けて

お疲れ様です。
新シーズンになって初めて2男がブログ当たりました。高田です。

今日は5限があったので途中から参加したのですが、僕は400mを3本やって、腕が崩壊してからのラストの100mFrのHard4本でした。タイムはまだまだでしたが、泳ぎのテンポを落とさないようにすることを意識して泳ぐことは出来てたと思います。後は良いタイムで泳げるようになるために努力をしていきます。

僕は今、今後この大会でこの種目でこのタイムを出したい!という自分の目標をいくつか持っています。来年の夏に繋げられるように。今後の大会で目標を達成出来るようにもちろん普段の練習も頑張り、週に1〜2回行ってるトレルでの自主トレも頑張っていきたいと思います。目標タイムを切る自信が持てるようになり、緊張しすぎずに泳げるように。まずは20日後の記録会ですね。その大会はFr3種目に出ます。そして48日後のウインター。その大会はFr1種目とBr1種目に出るつもりです。ベストを出して、かつその時その時頑張った、出し切ったと思えるように頑張ります。特にウインター。昨日都ジュニアの大会で50mBrに出たのですが、悔しい思いをしたのでウインターで出るBrでその悔しさをしっかりと晴らすために頑張ろうと思います。FrもBrも。そうしてどんどん大会に出ていく中でこの種目なら今シーズン関カレで決勝進んで点獲れるかも!と自信を持って思える種目を見つけたいです。

2年 高田

| 練習日の日記 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/19.20 東京都ジュニア秋季 【大会結果】


お疲れ様です。東京都ジュニア秋季の大会結果を記載いたします。

【大会結果】
<1日目>
・100mバタフライ
植木俊成(1) 59"27 First!
田中明音(2) 1'06"84
髙岡大我(3) 56"67 Best!!

・200m個人メドレー
高橋志苑(1) 2'12"09 Best!!

・100m平泳ぎ
藤林拓海(3) 1'13"47 First!
西山麟太郎(M1) 1'13"47 Best!!

・50m自由形
植木俊成(1) 24"41 Best!!
髙岡大我(3) 24"47
福永彩美(3) 30'21
水谷桃子(3) 30"22

・400mフリーリレー
学習院 3'40"18
植木俊成(1) 54"10
高橋志苑(1) 55"16
髙岡大我(3) 53"56
藤林拓海(3) 57"36

〈2日目〉
・50m平泳ぎ
高田尚(2) 34"96 Best!!!

・100m自由形
藤林拓海(3) 57"48

・100m背泳ぎ
高橋志苑(1) 1'00"47 First!

・200mバタフライ
田中明音(2) 2'32"22

以上となります。

四大戦直後だったにも関わらず、今大会で初の種目に挑戦した選手や、ベストを出した選手もおり、有意義な大会になったと思います!
お疲れ様でした!

これからの大会ブログは、1年石川が担当いたします。
至らぬ点も多々出てきてしまうとは思いますが、全力で大会ブログ書いていきます。
引き続き、応援の程よろしくお願いいたします。

1年 石川

| 大会・記録関連 | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/18 四大戦 【大会結果】

お疲れ様です。先日の四大戦の大会結果を記載いたします。

【大会結果】
・女子200MR
学習院 2'15"03
水谷 35"90 First!
荘司 37"74
田中 30"70
須佐 30"69

・男子200MR
学習院A 1'46"82
高橋 27"79First!
持田 30"03
髙岡 24"89
植木 24"11

学習院B 2'02"38
松平 30"19 First!
佐々木 36"25
古森 27"50
鈴木 28"44

・50Br
荘司かれん(1) 38"53 First!
髙岡大我(3) 31"08 First!
高橋志苑(1) 31"20 First!
尾和優斗(1) 棄権
・50Br
藤澤くれあ(1) 54"43 First!

・50Fr
藤澤くれあ(1) 47"89 First!
田口奈々子(3) 棄権

・50Fr
尾和優斗(1) 棄権
佐々木勇吉顕(3) 30"58 First!
藤林拓海(3) 26"61
古森龍太郎(1) 25"97 Best!!
今泉 湧(3) 25"37
高田 尚(2) 27"12 Best!!

・400Fr
須佐志穂(3) 5'12"88
鈴木捷博(2) 4'48"17

・200Br
福永彩美(3) 3'03"27 First!
持田瑛祐(3)2'32"90 First!
関澤陽生路(2) 3'06"49

・200Fly
田中明音(2) 2'40"97

・200Ba
松平忠慶(3) 2'25"40 Best!!

・200Fr
水谷桃子(3) 2'36"59

・100IM
田口奈々子(3) 棄権
関澤陽生路(2) 1'24"42 First!

・100Br
荘司かれん(1) 1'23"98
佐々木勇吉顕(3) 1'20"92
髙岡大我(3) 1"08"85 First!

・100Fly
田中明音(2) 1'11"44
髙岡大我(3) 1'05"26

・100Ba
水谷桃子(3) 1'18"73
新谷優也(2) 棄権
松平忠慶(3) 1'05"96

・100Fr
須佐志穂(3) 1'07"66
高田 尚(2) 1'01"07 Best!!
古森龍太郎(1) 58"43
植木俊成(1) 54"85

・200IM
福永彩美(3)2'47"20
新谷優也(2) 棄権
持田瑛祐(3) 2'19"75
高橋志苑(1) 2'15"00

・女子200FR
学習院 2'01"33
水谷 31"35
田中 29"70
須佐 30"00
福永 30"28

・男子200FR
学習院A 1'47"49
鈴木 28"80
佐々木 30"60
髙岡 23"60
持田 24"49

学習院B 2'00"01
関澤 31"36 First!
古森 26"10
植木 35"31
高橋 27"24

学習院C 1'45"13
松平 27"19
藤林 26"35
高田 27"41
今泉 24"18

以上となります。

結果は男子2位、女子1位となり、全体では2位でした!来年は優勝します🏅
みなさんお疲れ様でした!

1年間大会ブログを書かせていただきました。至らない点ばかりでしたが、皆さま、ありがとうございました。
これからは頼れる一女ちゃんが担当します!
引き続き応援の程よろしくお願いいたします。

2年 浅倉

| 大会・記録関連 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の水泳小説

お疲れ様です!
新シーズンになって初めてのブログの2年、田中明音です!

「文学は、科学や経済学と同じように学問なんだよ。人間が解決できない問題を先に考えてくれてて、例えば、なぜ人間は生まれて死に近づいていくのかとかね。」
あたしは文学部で、これは授業で教授が言った言葉です。なぜかこの言葉はすごく記憶に残ったんです。

なぜ泳ぎ続けるのか?
なぜ水泳部のマネージャーをするのか?
少し大げさに聞こえるかもしれませんが、これらも人間が解決できない問題と同じなのではないでしょうか。

あたしは自分の思う水泳を本にするなら長編小説になってしまうと思います📚なぜなら、年月もそうですが、水泳から多くのもの得て多くのものを失ないました。その結果が今のあたしを作り出しました。もちろん、あたしの小説は書き終わってません。書き終わるのは2年後か、死ぬまでずっとかもしれません。高校で書き終わるはずだったので、きっと主人公は急展開へ進ざる追えなくなったと思います🙂

昨シーズンは、結果としてカンカレで決勝に行けて、人生で初めての決勝は、あたしの中でも1番のエキサイトした出来事でした。だけど、結果は9位。得点もありません。周りの人からすれば、決勝行ってないのと同じだと言われても仕方ありません。だけど、あたしの水泳小説の中では確実に中心のお話になるはずです。

水泳の今一瞬は人それぞれ。他の人が違っても、あたしの中で感じる水泳は、あたしの中で正解になります。スクール時代、中高、大学で、先輩達の書き終わった小説をたくさん読んできたような気がします。あたしの水泳小説を後輩達が、引退してあたしの会えない後輩たちが読んで、悪いところも教訓にしてくれたら嬉しいなって思います😊

ハッピーエンドで迎えられるよう、今は、また小説の新しい章のために、自分の思う水泳の道を行きたいと思います!
まずは金曜の4大戦、土曜日曜の東京都ジュニア秋季から!
5秒前、いきまーす、よーい、はい!

2年 田中

| 練習日の日記 | 23:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/19.20 東京都ジュニア秋季記録会@辰巳 【目標タイム】

お疲れ様です。
久々の大会ブログですね。早速ですが、今週末に辰巳国際水泳場にて開催されます東京都ジュニア秋季記録会の目標タイムを記載させていただきます。

【目標タイム】

〈1日目〉
・100Fly
植木俊成(1) 57"99
田中明音(2) 1'06"41
髙岡大我(3) 55"30

・200IM
高橋志苑(1) 2'07"24

・100Br
藤林拓海(3) 1'09"99
西山麟太郎(M1) 1'10"00

・50Fr
植木俊成(1) 23"80
髙岡大我(3) 23"99
福永彩美(3) 29"49
水谷桃子(3) 29"50

〈2日目〉
・50Br
高田尚(2) 32"99

・100Fr
藤林拓海(3) 56"50

・100Ba
高橋志苑(1) 58"99

・200Fly
田中明音(2) 2'28"00


☆会場アクセス
https://www.tef.or.jp/ttisc/access.jsp

以上となります。

金曜日には4大戦も控えております。連日の試合ですが、頑張ります💪
先日はとても寒かったですね。体調管理に気をつけて万全の状態で臨みましょう!

2年 浅倉

| 大会・記録関連 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月14日 @大プ

みなさんお疲れ様です。今日の練習はですね、途中から参加したので正直みんながどんな練習してたかは分かりませんが新谷はメニューを短縮させてやりました。まあでも先週金曜全然泳げなかったこともありしっかりめにおよいだのでめっちゃキツかったです。。

同期はこの後めっちゃアツい内容書いてますけど新谷そんなアツい男じゃないんで(クールな男なんで)近況でも書きたいと思いまーす。😎
先日のアメトークでのBiSH芸人を拝見しました。もうどハマり、ほんとに、カッコよくて、可愛くて最強です。マジ鬼リピです。前々から「星が瞬く夜に」って曲だけはふとドライブ中のラジオで聞いたことがあっていい曲だなって思いYouTubeでも見たことはあったんですけどなにせMVで馬糞を浴びまくるもんだからちょっと引いちゃってたんですよ。
でもやっぱいい曲はいい曲だし邦ロック好きだしハマっちゃいましたよね。ほんとにオススメなんでみんな聞いた方がいいです、マジで最強。

勢いだけで書いたブログなんで伝えたいこととか本当は書いた方がよかったんでしょうけどここで書くより声に出して伝えようと思うのでまた次の練習で!!

P.S.たぶんこれが新谷の最後のブログです。

二年 新谷

| 練習日の日記 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

己の水泳人生に恥じない歴史を刻め


お疲れ様です。本日のブログは3年、新主将になりました持田が担当します。


最近の部活動ですが、先週・今週と続けて、大ぷが文字通り「グリーンプール」と化したため大学近くにあるスイミングクラブのルネサンス早稲田様をお借りして行いました。


私たちの大学は自分のプールを持っているのは大きなアドバンテージではありますが、時たまこのようなトラブルが起きてしまうため、その際のリスクマネジメントや対処をすることも、チームとして重要な要素になるんだなぁと、新チームが始動して早々ですが実感しています。


さて、本日は私が主将になった理由について少しお話しします。理由はいくつかありますが、このブログのタイトルにもある「己の水泳人生に恥じない歴史を刻め」は、私のそれを詰め込んだ言葉だと思っています。




〈理由① 気持ちの変化〉

今まで3回のシーズンを終えましたが、正直今までの大学水泳は、自分の水泳人生の1ページに、胸を張って刻めたわけではありませんでした。確かに思い切り学生生活を楽しんできたし、部活動にもそれほど不満があるわけではありませんでした。しかし、水泳という側面から大学生活を振り返ると、身体的にも精神的にも高校時代よりキツイことは一度もしていませんし、結果に対してもどこか出なくてもしょうがないし許されるという逃げ道がいつも自分の中にありました。


次第に、トレーニングやレースの結果に納得いかない闇の部分が心の隅に巣喰い始め、次第に練習も、大好きだったレースさえも面白みを感じなくなり、水泳を楽しめなくなっていきました。でもその原因は自明で、2年目の関カレの競技人生ベスト5に入るボロボロな結果によって、私自身が原因であったと気づきました。


1年を無駄にしました。競泳の全てはレースで判断されますが、そのレースの結果が出ないと私としては全く楽しくないはずでした。そこまではわかっていた…。しかし、選手なら誰もが知っている「ちゃんとやるから楽しい」という競技の鉄則…。これが私から抜け落ちていたのです。レースで結果を出す。つまり楽しむには、それに相応しい態度でトレーニングをし、準備をしなければならないのです。普段の態度は悪いくせに楽しさは求める…。それが2年前〜1年前までの私でした。


2年の関カレ。その態度が結果として帰ってきました。俺がやりたい水泳はこんなものじゃない。もっと楽しい水泳をしたいはずだ…。そして、もっと正直に、一水泳選手として真っ直ぐ水泳と向き合いたいと思うようになりました。


純粋な水泳への気持ちで、2年生の秋から3年の夏まで1年間必死にやり通した結果、今度は1年前とは逆の、納得のいく結果が帰ってきたのです。自分を邪魔するものが無くなってから、自分は水泳が好きだ、レースのドキドキを味わいたい、そして活躍したいという心の底からの「やりたい水泳」像がハッキリしました。


でも逆に、これを初めからわかっていて、申し分のないくらい一生懸命泳いで納得いく結果が出ていたら、もう水泳部にはいなかった思います。自分で言うのも変ですが、結果的に私は失敗を通して変化し、成長することができました。かなり遠回りをしましたが、今ではこの失敗があって良かったと思います。そして、自分自身が本当にやりたい水泳がハッキリしたこと。これは、主将を引き受けようか、そもそも部活を続けようか迷っていた私にとって大きな後押しになったのです。




〈理由② 自分にしか出来ないこと〉

4年生が引退する日が近づき、私たちも新幹部決め等の代交代の準備を進めていました。私はその時期、主将に挑戦するか部活を辞めるかのどちらかで悩んでいました。ある日、主将を決める話し合いをしている際に、主将について考え込んでいた私は、ある同期にこんなことを言われました。


「持田が持田らしさを失わずにそのままチームにいてくれるなら、俺はそれだけでいい。お前が持ってる主将はこうあるべきみたいな考えは一回捨てろよ。別に特別なことは求めてないから。それに、自分の水泳人生を賭けれるのは持田しかいない。」


私は気づきました。同期や他の部員が、かつての自分自身のように、全てをかけて己の水泳人生を全うしようとしていること。そして、何か自分しか持っていない特別な力があるということ。それが自分が部活にいる意味だと。でも自分しか持っていない力って何だ。考えてみると、いくつか浮かんできました。


実績を持っている点、結果を出すことの喜びと厳しさ、本当に強いチームを知っている点、そして、納得いくまでやり抜いて終わることを経験している点。これらが他の部員と私との大きな違いでした。だから私が偉いというわけでは決してありませんが、私にしか出来ないことがあるのは理解できました。


その点を理解していても、理想の主将像とのギャップに苦しんだり、厳しい4部での競争の現実に直面して逃げたい気持ちがあったり、なかなか決断出来ない自分もいました。しかし、どうせ自分がチームにいるなら強いチームでありたいという考えや、先程の同期の言葉、そして己の水泳人生に何か誇れる1ページを刻みたいと強く思った結果、ようやく主将になる決意をしました。


ここまで長かった…😇笑


将来の主将がこのブログを見て、そういえば持田さんっていう主将やってた人はこんなこと言ってたな。あの人よりはマシだわ!主将いけるわ!って思ってくれれば幸いです(笑)




〈最後に〉

私は高校で一度引退しました。それは、これ以上無いといえるようなチームで過ごすことができた、自分自身完全にやり切った。そう思えたからです。だからこそ、ここ学習院の水泳部に入った選手とマネのそれぞれのストーリーの終わりも、絶対にそうであって欲しい。他のチームでは決して出来ない体験をしたと誇れる大学水泳にしたいんです。


で今私が出来ること。
それは、地に足をつけ、常にチーム運営の最前線で戦い、自分を信じ、部員を信じ、夢と目標を信じ、夢で終わらせずに結果を出す。そして最後に、己の人生に恥じない歴史を刻むこと。これがこの先残り10ヶ月の私の原動力の全てです。。。


正直いって、私は完璧な主将とは程遠いと思います。私自身、歴代のそれと比べたり、自らの理想像と比べて、不安に駆られて不安定になりますし、心配やご迷惑をおかけすることがこれから多々あると思います。でも大丈夫。まずは人と比べるのを辞めました。自分は自分でいます(笑)


そして誤解を恐れずいうと、私が足りないものは他の部員が持っているので、自分は自分のやるべきことを100%こなすことだけを考えて部活に行くことができます。みんなにはこういった、自分の良さをチームで発揮することの意義、自分が部活にいる意味というのを考えて欲しいです。きっと、胸の奥の何かが動き始めるはずです。


個人としては、ひたすらやるべきことをやる。チームに対しては、お互い信頼して頼るべきところを頼りながら自分の良さを出していく。これができれば、学習院大学水泳部の永久の課題である(?)「個人として強くなることとチームとして一体感を持つこと」を両立していけるのではないでしょうか!!


関カレまで10ヶ月、ウィンターまで2ヶ月を切りました。己の水泳人生に恥じない歴史を!!









3年 持田

| 練習日の日記 | 02:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT