FC2ブログ

学習院大学水泳部競泳部門

forever challenge!!

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

努力は裏切らない?

お疲れ様です。
更新が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

ブログのテーマである自分の話について少ししようと思います。
私はずっと転勤族であり、一つの場所に3年以上いたことがありません。そのため、水泳は夏休みに近所のスポーツセンターでやっている5日間くらいの教室に通ったり、近所にできた新しい小さいスポーツクラブのスイミングに行ったりと「真剣に」というよりは「楽しく」やってきました。中学生になって水泳部に所属し、これからもっと頑張るぞと思ったときにまた転校。次の中学には水泳部がなく、次第に水泳から離れていきました。高校ではそもそも学校にプールがなく、ハンドボール部のマネージャーをしていました。そして、大学生になり、次は4年間ずっととどまります。また水泳をはじめようかなと軽い気持ちで食事会に参加し、なぜかいま水泳部にいます。マネージャーではなく、プレイヤーとして。
週に4回練習のある体育会系の運動部に大学生になってまで入ってる理由を中学、高校の友達からよく聞かれます。特に理由はありません。ひとつ言うとしたら、ナニカに挑戦したかったから。最後の学生生活を遊び惚けるのはもったいないし、かといって勉強ばっかりも嫌だ。なら、運動しよう!と思い付きで入りました。文武両道は大変だけど、だからこそ自分がその時できるベストを常に追い求めることができるんだと思います。今のままではまだまだ練習についていくことが精いっぱいで他のことに意識が向かないけれど、この4年間で一番成長できるチャンスがあるのなら、それに向かってただひたすら努力すれば必ずナニカを成し遂げることができる、そう信じて。

最後に、恩師が教えてくれたLeo Burnettの言葉を一句。
"When you reach for the stars you may not quite get one, but you won't come up with a handful of mud either"

この言葉を胸に最後まで走り抜けたいと思います。
1年 藤澤

| 練習日の日記 | 18:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |